BYODプロビジョニング

「BYOD」とはBring Your Own Deviceの略で、個人が所有しているスマートフォンやタブレット、パソコン、携帯電話などを業務にも活用することをいいます。一般企業にとっては、BYOD を活用することで、モバイルワーカー1 人あたり平均約 350 ドルの年間純利益が創出されています。このホワイトペーパーは、BYODに関するセキュリティリスクを紹介し、さらに、安心してBYODをご利用いただくためのセキュリティリスク対策、運用等についても紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロードするには、下記フォームのご入力をお願いいたします。