close

脆弱なパスワードセキュリティは所属する企業に害を及ぼす「トロイの木馬」です。

Keeper はパスワード関連のデータ漏洩やサイバー攻撃の脅威を防いでくれる最先端のサイバーセキュリティプラットフォームです。

サイバーセキュリティはパスワードのセキュリティから始まります。

0%

データ漏洩の原因は
脆弱なパスワードセキュリティ

$0M

データが漏洩した場合の
平均コスト

Keeper は巨大かつ複雑な企業での展開をサポート

Keeper は自動ユーザープロビジョニング、Active Directory 同期、シングルサインオン(SAML 2.0)認証、SCIM、開発者 API など高度な機能を搭載していますので、企業レベルで展開可能です。Keeper は階層的な組織単位とデリゲート管理権限を使用して社内構造をマッピングします。

企業が Keeper を採用する理由

  • データ漏洩のリスクを軽減

    Keeper は独自のゼロ知識セキュリティアーキテクチャを採用しており、クライアント側の暗号キー管理用の業務環境、クラウド環境、ハイブリッドクラウド環境をサポートしています。

  • セキュリティとプライバシーを強化

    各従業員はパスワード、認証情報、ファイル、プライベートな顧客データを保管、管理する暗号化された専用ボルトを取得します。

  • 従業員の作業効率を向上

    ヘルプデスクのコストを削減、従業員の時間を節約、フラストレーションを軽減し、パスワードの再使用や記憶する必要性を排除します。

  • コンプライアンス・スタンダードの整備

    ロールベースのコントロール、2 段階認証、監査、イベントレポートの作成、HIPAA、DPA、FINRA、GDPR など産業用コンプライアンスをサポートしています。

堅固な機能で企業の要件に適合

  • シングルサインオン(SSO)統合

    既存の SAML 2.0 互換 SSO ソリューションによるシームレスな認証を通じて Keeper を展開します。Microsoft Azure、ADFS、Okta、G Suite など人気のある IdP をサポートしています。

  • スケーラブルなユーザープロビジョニング

    管理者コンソールや Active Directory、SSO、SCIM、開発者 API との高度な統合を通じて、Keeper はオンボーディングを効率化します。

  • ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)統合

    Keeper SSO Connect は暗号化鍵の追加保護用に業務用 HSM およびクラウド HSM ソリューションを完全統合しています。

  • 同僚やチームと共有

    チームでも個人ユーザー同士でも、個別の記録や暗号化済みフォルダを安全に作成、共有、管理できます。

  • ロールベースのアクセスコントロール

    ロールならびにチームメンバーとしての責任をベースにしたきめ細かいアクセスコントロールを通じて、従業員の許可を完全にカスタマイズ可能です。

  • 監査、分析、レポート作成

    Keeper は堅固なレポート作成ならびに監査ツールでパスワードの運用状況を透明化してくれますので、ユーザーはサイバー侵害の脅威を軽減し、コンプライアンス・スタンダードを維持することができます。

  • バージョンコントロールと記録の履歴

    任意のタイミングで従業員は記録の履歴すべてへアクセス、旧バージョンを表示、記録の変更や回復を実行した点を確認できます。

  • 高度な DevOps ツール

    Keeper Commander SDK は IT 管理者と開発者にオープンソースコード、コマンドラインツール、API ツールを提供して、パスワード管理とパスワードサイクル機能を実行します。

  • 単なるパスワードを超える安全性

    従業員は非公開鍵、デジタル証明、メモ、リスト、コード、極秘文書、メディアファイルなど、あらゆるタイプのファイルやメタデータを各自の Keeper ボルト内に暗号化して保管できます。

  • ビジネス用と個人用のボルトを分離

    従業員はビジネス用と個人情報用のボルトを分けて運用することができます。ボルトは簡単に切り替えでき、無制限のデバイスからアクセス可能です。

Keeper Enterprise

$3.75
1 ユーザーにつき 1 ヶ月
(1 年分 AAA を一括請求)
  • Keeper Business の全機能に加え:
  • シングルサインオン(SAML 2.0)認証
  • 自動チーム管理
  • 高度な 2 段階認証(DUO と RSA)
  • Active Directory と LDAP 同期
  • SCIM と Azure AD プロビジョニング
  • メールアドレスで自動プロビジョニング
  • コマンドラインプロビジョニング
  • パスワードサイクルとバックエンド統合用開発者向け API

強化の推奨

  • セキュアファイルストレージ機能は

    Keeper ボルト内でプライベートなファイル、写真、ビデオ保存します。割り当てられたストレージ容量は組織内のユーザー全員で共有されます。

  • 非公開で高い安全性を誇るメッセンジャー

    KeeperChat® は各デバイスで暗号化メッセージを使用してユーザーのサイバーセキュリティを強化し、ハッカーや詮索好きの目から取り扱いに細心の注意が必要な情報を保護します。

  • ダークウェブモニタリング

    全社員のボルトに直接パスワードの最新リスクアセスメントを送ります。ユーザーによる組織全体の漏洩パスワードステータス概要も表示可能です。

  • 高度なレポート&アラートモジュール

    Keeper の標準的レポート機能を使用すれば、Keeper ゼロ知識セキュリティアーキテクチャで開発されたエンタープライズレベルのカスタマイズできるレポートとアラート機能でセキュリティを一段階上へレベルアップできます。

  • 専用オンボーディングとトレーニング

    特別専用トレーニングならびにオンボーディング補助、専用の専門家サポート、新製品の機能に関するガイダンスとトレーニングをご利用になれます。