close

14 日間のビジネストライアル

個人ユーザーですか? アカウントの作成

ファーストネームを入力してください。
ラストネームを入力してください。
有効なメールアドレスを入力してください。
従業員数を入力してください。
有効な電話番号を入力してください。
郵便番号を入力してください。
会社名を入力してください。

ご利用中の Keeper アカウントならびに保管されたデータは、EU(欧州)データセンター(ダブリン)所属となります。

王国へのカギすべて: Keeper で信頼ベース攻撃を撃退しましょう。

IT 管理者や IT セキュリティプロが好んで Keeper を使用する理由…

究極のサイバーセキュリティ保護

ゼロ知識アーキテクチャならば、ハッキングされる恐れはありません。

迅速な対応

設備投資や導入コストがかからず、簡単に AD と SSO を統合できます。

従業員の採用を周知

直感的な UI、自動化されたパスワード生成、自動入力でスムーズに移行できます。

パスワード関連のサポート作業を軽減

パスワードを忘れたり、失くしたりする心配はありません。

王国へのカギすべて: Keeper で信頼ベース攻撃を撃退しましょう。

問題点

開発者や IT 管理者は失効間近あるいはサイクル化が必要な新しい秘密鍵や証明の管理に悩まされ続けています。時間の経過とともに、鍵やその他開発者中心のデジタル証明の数は急激に増加します。これらは環境の数に比例して増えるため、システム管理者は(開発、サンドボックス、ステージング、生産)をコントロールしなければならず、管理する対象は鍵の数は 4 倍になります。

非常に重要である理由

信頼ベースの攻撃が発生するのは、サイバー犯罪者が重要なサービスへのデジタル証明や暗号鍵を入手可能となった時です。本質的に、信頼ベース攻撃の検知は困難あるいは不可能です。これらの重要サービスに関連する損失や補償をご想像ください:
リモートアクセス: ネットワークと人は世界中に広がっているので、ビジネスはサービスを提供せざるを得ません。安全なリモートアクセスを実現するには多層 SHH 鍵、VPN 用デジタル証明、多段階認証が必要です。
クラウドサービス: 現在、すべてのビジネスがクラウド内に構築されています。Amazon AWS、Google Cloud、Azure 管理はすべてユーザー名とパスワード以上を必要としています。IT 管理者はアクセス鍵、秘密鍵、API 鍵が必要です。
ウェブサイト: ビジネスの新店舗です。デジタル証明に対して実行された攻撃が成功すると組織に大打撃を与える可能性があります。安全面もさることながら、失効した証明は無駄なビジネスで企業に数百万ドルもの負担を強いることになります。
アプリの運用: Apple、Google、Microsoft はすべてコード署名された証明の使用が前提となっており、自身のプラットフォームを通じてアプリケーションを配信します。ソフトウェア企業内のチームメンバーはそれぞれ、自分専用鍵の管理に責任を持ち、生産レベル鍵の保護にも責任を持たなければなりません。

Keeper の解決方法

Keeper は秘密鍵、デジタル証明、アクセス鍵、API 鍵、その他の秘密データを暗号化されたデジタルボルト内に保管します。デバイスのタイプや OS に左右されることなく、Keeper はプライベート情報へアクセスするシンプルな方法を提供します。Keeper ならば、これらのデジタルアセットを 256 ビット AES を使用して利用中のデバイスでローカルに完全暗号化し、暗号文を Keeper の Cloud Security Vault™ へ保管してくれます。

利点

安全

Keeper はゼロ知識パスワード管理ソリューションです。言い換えるならば、Keeper 内に保管されているすべての情報にアクセスできるのはエンドユーザーのみだという事です。暗号化と暗号解除はすべてクライアントのデバイス内でオンザフライで処理され、送信中(TLS)ならびに未使用時のデータはともに Keeper のインフラストラクチャ(AES-256)上で暗号化されます。Keeper Security の従業員やその他外部パーティーが平文状態のデータを利用することは一切できません。Keeper はお客様のデータ保護に気を配っていますので、想定外の状況で Keeper がハッキングされた場合であっても、攻撃者がアクセスしうるのは意味のない暗号文だけです。

集中型の特権アクセス管理(PAM)

IT 管理者やセキュリティ専門家などの特権アクセスユーザーはパスワード、デジタル証明、SSH 鍵、アクセス鍵、API 鍵などすべてを保管して検索できる安全な場所を 1 箇所保有しています。ロールベースのアクセスを使い、管理者はきめ細かいポリシーコントロールを実行可能です。チームや契約者と認証情報を共有した場合、後日これを取り消すことができます。

Keeper か SSO? それとも両方?

SSO を使用するには、各アプリケーションが SAML プロトコルをサポートし、アイデンティティプロバイダと統合しなければなりません。Keeper はパスワードを使用するあらゆるアプリケーションならびに状況に対応しています。すでに SSO を運用済みですか? Keeper は旧式アプリケーションならびに SAML をサポートしていない最新式アプリケーションでさえも完璧に補完してくれます。Keeper SSO Connect は Okta、AWS、OneLogin、Ping Identity、F5 BIG-IP APM、GSuite、JumpCloud、Microsoft ADFS あるいは Azure AD などの人気のある SSO アイデンティティプロバイダプラットフォームに対応していますので、ビジネスにおける認証対応機能を最大限に高めることができます。

迅速対応のセキュリティ

ビジネスの規模を問わず、Keeper は直感的かつ簡単に運用できます。Keeper は Active Directory(アクティブディレクトリ)と LDAP サーバーを統合しているので、プロビジョニングとオンボーディングを効率的に処理してくれます。Keeper SSO Connect を採用して、既存の SSO ソリューションと統合しましょう。

Keeper はあらゆるビジネス規模に対応

Keeper はどの規模の企業でも利用できるようデザインされています。企業の成長にあわせ、ロールベースの許可、チーム共有、部門監査、代理管理者などの機能でビジネスをサポートします。Keeper Commander™ を使えば、強力な API で現在と未来のシステムを統合することができます。

Keeper でビジネスを保護

Keeper Enterprise が世界クラスの特権パスワード管理でビジネスを保護する詳細に関しましては、無料トライアルや無料デモをご用意いたしましたので、弊社営業チームへご連絡 ください。