close

利用規約

全般

本規約は英語(米国)で書かれたものです。本規約の翻訳版と英語版に相違がある場合は、英語版が優先されるものとします。

Keeper Security, Inc. ("Keeper Security") は、個人、自治体、教育機関、金融機関や一般企業に対してモバイルおよびデスクトップセキュリティソフトウェアプログラムであるKeeperを提供、販売します。Keeper は、エンドユーザーが、アクセスと公衆からの情報保護の目的のために、コンピュータおよびモバイルデバイス上の機密な" マイクロデータ"とファイルを、入力、保管、保護、バックアップ、共有および復元できるようにします。マイクロデータはエンドユーザーにとって重要なデータの短い文字列に適用される用語です。(例えば、社会保障番号、銀行口座番号、ウェブサイトの ログインID/パスワード、ベンダーの口座番号、金融ルーティング情報、プライベートの電話番号、アラームコードおよび機密特権/ノート)。ファイルはプライベートな文書、個人的な写真とビデオが含まれる場合 があ ります。Keeper は、256ビットによる強力な暗号化技術を利用し、ライセンス番号5D992により、産業安全保障の商工局の米国商務省による輸出が承認されています。Keeper は、以下本文中において、 "Keeper"、 " システム" または " ソフトウェア" と呼ぶものとします。

これらの使用に関する契約条項をよくお読みください。以下は、Keeper およびソフトウェア の使用へのサブスクリプションの利用規約です。以下は、Keeper およびソフトウェア の使用へのサブスクリプションの利用規約です。これらの利用規約は顧客にのみ有効であり 、譲渡は無 効 です。

著作権、特許権および商標情報

Keeperおよびそれに含まれる情報は、Keeper Securityの所有財産であり、アメリカ合衆国著作権法、商標法、国際条約およびその他の知的財産権に関する法律により不正コピーや普及から保護されています。例として、またこれに限定するものではなく、"Keeper"、"Password Keeper"、"Keeper DNA"、 "KeeperChat"、 "BreachWatch" とKeeper のロゴは米国および/またはその他の国の法令の下でKeeper Security の登録商標です。アップル、アップルロゴとMacはアップル社の商標であり、米国及び他の国で登録されています。App Storeはアップル社のサービスマークです。 Google PlayはGoogle社の商標です。アマゾン ウェブ サービスと「Powered by Amazon Web Services」ロゴはアマゾン社、もしくは米国および/または他の国での同社の関連会社の商標です。その他のソフトウェアまたはサービス名、または本ソフトウェアに表示されるロゴは、各社の商標またはKeeper Security および/またはその関連会社の登録商標です。ソフトウェア、サービス名、ロゴがこのリストに無くとも、Keeper Securityの商標、名前やロゴに関するその他の知的財産権を放棄するものではありません。

Keeperは米国特許番号9,294,476, 9,465,786, 8,868,932, 8,738,934, 8,656,504, 5,743,954によって保護されます。その他の特許も現在出願中で す。

責任 &制限

パスワードと個人情報を管理し、それらの安全性を守るため、Keeperソフトウェアはグローバルで数百万人ものユーザーにより使用されています。本ソフトウェアは法規制に則 っ た 使用の み 認可 とされています。本ソフトウェアを資料する際には、下記使用条件に同意されたことになります。

ソフトウェア ウィルス、ワーム、トロイの木馬、ファイル、またはソフトウェアの機能を妨害、破壊もしくは制限することを意図するツールもしくはそれらを含む材料のアップロード、投稿、E メール送信もしくはその他の送信をしないこと。

違法、ポルノ、口汚い、淫 靡な材料のアップロード、投稿、E メール送信もしくはその他の送信をしないこと。

プライバシー権、知的財産権ま たはその他の所有権を侵害する材料のアップロード、投稿、E メール送信もしくはその他の送信をしないこと。

本ソフトウェアのすべてまたはそのいずれかの部分 を分解、デコンパイル、修正、翻訳 、複 写、複 製、配布、担保、譲渡、転送、阻害、または リバー ス エンジニアリングを 行 な っ たり 、ソースコードを引き出したり しようとしないこと。

あなたが本ソフトウェアの正規販売代理店でない限り、 あなたはソフトウェア、コンポーネント、ソフトウェアとの関連で提供されているドキュメント、またはコンテンツを表示、コピー、複製せず、またはソフトウェアの配布をしないものとします。 これには Keeper Security によってこのソフトウェアとの関連で配布されるニュースレターを含みこれに限定されません。

Keeper Securityは、自らの裁量で、違法、脅迫、ポルノ、口汚い、淫 靡なコンテンツもしくは第三 者の知的所有権を侵害すると判断するコンテンツへのユーザーアクセスを削除もしくはブロックすることが出来ます。

マスターパスワード

あなたは本ソフトウェアを使用する際には" マスターパスワードquot;を作成する必要があることを理解しているものとします。マスターパスワードはあなたのみが使用するものとします。

あなたはあなたのマスターパスワードと、本ソフトウェアを使用して入力、インポートおよびエクスポートされたKeeper記録の安全を維持する責任があります。Keeper Securityはあなたのマスターパスワードを知らず、マスターパスワードの開示を要求することは許可されていません。いかなる状況においても、Keeper SecurityはあなたのマスターパスワードもしくはKeeperに保存されている記録情報にアクセスすることはありません。

あなたは、いかなる場合においても、第三者またはあなたがソフトウェアのサポートをKeeper Securityに連絡した際に、Keeper Securityのカスタマーサポート担当者に対してあなたのマスターパスワードを開示しないことに同意するものとします。通常、Keeper Securityのいかなる従業員、代理人役員もしくは役員ともマスターパスワードを共有しないことに同意するものとします。Keeper Security は、あなたのマスターパスワードを使用して、Keeper に保管されているKeeper情報、またはその他の資産を誤用や盗用する個人の行動に責任を負うものではありません。

あなたのマスターパスワードを忘れないようにしてください。マスターパスワードを紛失したり忘れた場合は、Keeper Securityは、Keeper Security へのアクセス権またはマスターパスワードの知識を持っていないので、記録へのアクセスの取得のお手伝いをすることはできません。マスターパスワードはKeeperに保管されている記録へのアクセスを得るために必要なので、これを忘れないことが不可欠です。

Keeper記録の維持管理

あなたのKeeperボルトに保存されているマイクロデータとファイルは"Keeper 記録"と呼ばれます。 Keeper Security は、あなたがソフトウェアの有料加入者でである限り、Keeper SecurityのCloud Security Vault™上のKeeper記録のバイナリファイルを維持します。バイナリは記録がバックアップされたときに作成され、システムクラッシュ、破損、紛失、またはハッカー攻撃のために記録が自己破壊した場合に、 あなたの情報を取り戻す必要があるときに備えて保管されます。

If your subscription expires and you choose not to renew your subscription within 90 days, Keeper Security reserves the right to delete any Keeper records contained in your account that have files (e.g. documents, photos, videos, etc.) contained in them. Notice will be sent to you prior to termination based on the email address associated with your Keeper account. Expired user accounts convert to a Free User account.

本ソフトウェアの無料ユーザーは無償で 1台のモバイルデバイスで無料版を使用す る こ とを 認めてい ます。無料版はバックアップ、復元、共有機能、または複数のデバイスでの記録の保存には対応していません。無料ユーザーの場合は、デバイスもしくはデータが盗難もしくは紛失した場合は、データを復元することは出来ません。無料ユーザーはKeeperボルトに最大5個ファイル(最大容量を 100MB に制限しています。)をアップロード、保存することができます。この制限値に達すると、無料ユーザーに有料ストレージプランのご購入が求められます。

無料版のユーザーアカウントでは、2 段階認証 TOTP コードを含んだボルト記録を最高 2 (2) つ所有可能です。無料版ユーザーがボルト記録内で制限数以上の 2 段階認証コードを使用すると、Keeper 課金プラン(Unlimited、Family、Business、Enterprise など)の購入を求められます。

もしあなたが無料ユーザーとして、過去12ヶ月間で本ソフトウェアを使用したことはなかった場合は、Keeper Securityはあなたのアカウントの削除を行 う権 利を留保します。その前に、あなたのKeeperアカウント用メールアドレス宛に通知が送付されます。

ソフトウェアのすべてのユーザーは、随時Keeper Securityによって修正されるプライバシー・ポリシーを承諾および維持する必要があります。

上記責任と制限に違反する場合は、本規約を終 了 すると い う結 果 に な る可 能性 があります。

ソフトウェアとサポート

Keeper は、Mac、Windows Phoneおよびその他のクラウドベースのソフトウェアプラットフォーム上で機能するためにインターネット接続を必要とします。Keeper で作成した情報は暗号化されたセキュアソケットレイヤー (SSL/https) 接続を使用して、Keeper's Cloud Security Vaultに送信されます。あなたの情報は256ビットのAES暗号で安全に暗号化されます。Keeper の従業員は、あなたの記録にアクセスすることはできません。弊社は、あなたがマスターパスワードを忘れた場合、記録の取得の手助けをすることはできません。あなたのIPアドレスやログイン情報などの情報はセキュリティの保護のために利用されます。

提供されるソフトウェアは、Keeper Security社によって改正される本契約、また、Keeper Security株式会社が随時確立し採用するすべてのあらゆるガイドラインルールや 運営方針の対象となります 。( Keeper Security Incが送信するすべてのメールにあるリンク、Keeper Security Inc のプライバシーポリシー、以下 「ポリシー」(特に断りのない限り、本契約へのすべての参照は、ポリシーを含まなければならない))と共に送信されます。

利用年齢

ソフトウェアは、適用される法律の下で法的拘束力のある契約を形成することができる者だけが使用可能です。上記を制限することなく、本ソフトウェアは18歳未満の個人が使用することができません。本ソフトウェアを使用する こと により、あなたは18歳以上であるこ と を表明する もの とします。資格を満たさない場合はソフトウェアを使用することはできません。本ソフトウェアの使用のために管理プログラムの下で従業員として本ソフトウェアを使用している場合は、本ソフトウェアを使用する権限が必要です。

あなたは、定期的に、本ソフトウェアの使用で発生する問題のトラブルシューティングの目的のために、 Keeper Security Incのサポートスタッフにリモートアクセスによってコンピュータの画面を見せることができます。Keeper Security Inc はマスターパスワードまたはデータにアクセスすることはできません。 あなたは、Keeper Security Incまたはその担当者によって引き起こされた混乱や損害などを含め、このようなアクセスから生じるすべての問題、損害賠償請求を放棄するものとします。

サブスクリプション料金、支払条件と返金ポリシー

サブスクリプション料金

Keeper Security が請求する費用は サブスクリプション料金と呼ばれます。本ソフトウェアが1台以上のモバイルデバイスもしくはコンピューターで向上 機能(以下を含みますがこれ ら に限定され ませ ん:記録のインポート/エクスポート、複数デバイス間の同期、記録のバックアップと復元、ファイルストレージ)を利用するには、年間サブスクリプション料金のお支払いが要求されます。

ウェブサイトに示されているように、Keeperの無料版から、向上機能を持つKeeperの有料版を購入、アップグレードした場合には、手数料のスケジュールに従って、年間サブスクリプション料金の対象となります。あなたは毎年事前に支払手続きをする必要があります。支払いが受理されるまで、Keeperの有料版へのアクセスは無効になります。サブスクリプション料金は、ご利用のサブスクリプションプランに基づいて事前に請求され、収金されます。

紹介プログラム

Keeper Security 紹介プログラムをご利用になれば、ユーザーのみなさまは正規公益財団への募金に交換できる紹介ポイントを得ることができます。対象の公益財団は自然災害復興支援、児童教育支援、ヘルスケア(医療サービス)支援、飢餓支援、貧困支援などを取り扱っています。公益財団のリストは、Keeper Security のアプリケーション内で公開されています。ユーザーが 50 ポイント獲得すると、Keeper Security はポイントに応じた金額をユーザーが選択した公益財団に寄付します。Keeper Security は独自の裁量権において、随時任意の公益財団をリストへ追加、変更、削除する権利を留保するものとします。Keeper Security 紹介プログラムへ参加すると、ユーザーは Keeper Security が費用を負担したうえで適宜公益財団に対するすべての寄付を実行し、関連する税控除を受けることを認識しているものとみなされます。

チャネルパ ートナー、モバイル事業者& 再販売業者

あなたは、適時Keeper Securityによって請求される料金に注意を払うため、料金表を見直す責任があります。サブスクリプション数量と価格を含む料金表は、Keeper Security の独自の裁量でいつでも変更される場合があります。Keeper Securityは事前に料金表の変更について、メールで通知するよう誠実に努力するものとします。チャネルパートナー、ま たはソフトウェアの付加価値再販業者を通して特別割引を受けている場合、ソフトウェアの付加価値再販業者の顧客であることを止めた場合にこれらの割引は利用できなくなることがあります。この場合、Keeper Securityの標準サブスクリプション料金が適用されます。Keeper Securityはアカウントの状態に関して、該当するチャネルパートナーまたは付加価値再販業者によって提供される情報に依存する場合があります。

お支払い

あなたはKeeperの使用の条件として、支払いを弊社に提供する必要があります。ソフトウェアの支払いは有効なクレジットカード、デビットカードまたは Keeper Securityによる請求、サブスクリプション料金を十分にカバーする残高を有するクレジットカード(以下総称して 「チャージカード」と呼ばれる)によって行われる必要があります。小切手、電信送金、または他形式の支払い方法については、弊社と直接交渉し、Keeper Securityによって承認される必要があります。Keeperはあなたに定期的な使用料を請 求 できる 権 利 を保 有し ます。あなたはサブスクリプション料金として、Keeper Securityに よる請求額をチャージカードで支払う責任があります。Keeperの事業者である顧客を対象として、もし請求額が10000米ドルを超えた場合は、電子送金、ACHもしくは他の方法でお支払いすることは可能です。

無効なお支払いもしくは注文のキャンセル

あなたがチャージカードをキャンセルしたり、あるいはカードが期限切れの場合には 、あなたはすぐに新しい、有効なチャージカードの番号を弊社に提供する必要があります。あなたは弊社が、提供されたチャージカード番号が有効な番号であることを確認する手順を随時実施することを許可するものとします。あなたが本契約の有効期間中に要求に応じて十分な信用と現在有効なチャージカード番号を弊社に提供しない場合には、本契約の違反になり、弊社は、あなたとの本契約を終了することができます。あなたがデビットカード番号の代わりにクレジットカード番号を提供する場合には、あなたのデビットカードのアカウントにこの契約書に記載されたすべての料金の請求を弊社に許可します。毎年の支払いオプションを選択、または以前に支払い方法としてチャージカードを提供している場合、あなたは各請求サイクルの開始時に定期的に毎月または毎年、そのような金額をカードに請求することを、Keeper Securityに許可します。Keeper Securityが何らかの理由であなたのチャージカードによる自動支払いを受取れなかった場合には、Keeper Securityは、メールにてその旨を通知すると共に、支払いが受理されるまであなたのKeeperアカウントを無効化さします。

アップグレード

いつでもアカウントをアップグレードすることができます。新規デバイスを追加する場合は、年間サブスクリプションの残りの分だけが請求されます。例えば年間サブスクリプションご購入の6ヵ月後にデバイスを1台追加する場合は、新規デバイス分として¥498 (半年で50% x ¥1200)のみが請求されます。既存のサブスクリプションが終了後、すべてのデバイスの一括更新が可能になり、そこから年額でのお支払いとなります。 その後、新しいアップグレードプランの年間の全額が請求されます。あなたはKeeper サブスクリプション (適用税を含む) に関連するその時点の実効レートの全額料金の支払いに同意するもの 、または既に支払済みのものとします。標準の年間支払請求サイクルは365日です。

使用料の変更

Keeper は現在の 実効手数料および料金を変更するか、または書面による事前通知によって、新たな費用または料金を追加することができます。あなたのユーザ名とパスワードに関連するすべての手数料および料金は、Keeper登録プロセス中、またはその後に、Keeper Securityに対して指定されたチャージカードに請求されます。また、インターネットアクセスプロバイダ、またはその他のサードパーティサービスを介してKeeperのウェブサイトにアクセスするために生じたあらゆる手数料または料金にも責任があるものとします。

返金

いつでもアカウントを取り消すことができます。ソフトウェアは、サブスクリプション期間の開始時に完全な形で提供されているため、一般的にこのサブスクリプションプランの下で本ソフトウェアに対してお客様が支払った金額が払い戻しされることはありません。

アクセスを無効にする権利

Keeper Security は、あなたがこの契約書の上記または他の場所に記載されているポリシーのいずれかに違反していると自己 の 裁量で 判 断し た場 合、直ちに返金することなく本ソフトウェアへのアクセスを無効にすることができるものとします。

使い方をアンインストール

ご利用中のデバイスから Keeper をアンインストールしなければならない場合、FAQ ページ(https://keepersecurity.com/faq.html)へ移動してください。

法令遵守;モニタリング

あなたは、本契約に準拠した形でのみ、ソフトウェアを使用しなければならないものとします。任意の地域、州または連邦法もしくは本ソフトウェアを使用している国の法律に違反する方法または手段として、 本ソフトウェアを使用しないことに同意します。

賠償

あなたは(i)本契約のいずれかに申し立てられた違反から生じる、(ⅱ)ソフトウェアの使用して頒布されるあらゆるメッセージの内容や効果に起因する、(ⅲ)その他の本ソフトウェアの使用に起因する、すべての請求または訴訟に関連したいかなる損害、損失、負債、調停、および費用(無制限の費用および合理的な弁護士費用などを含む)に対しても、Keeper Security、ビジネスパートナー、サードパーティのサプライヤー、プロバイダ、ライセンサー、役員、取締役、従業員、代理店、エージェントを擁護、補償し、またこれに害を及ぼさないことに同意するものとします。さらに、違法な目的のための本ソフトウェアの使用、違法な方法による使用、および/または本契約の条項と矛盾する方法による使用、またそのような損害が、直接的、間接的、特別、偶発的、カバー、依存および/または間接的な損害およびこれに限定されない損害の可能性を含む場合に、Keeper Securityが損害賠償を求める権利を有することを認め、かつこれに同意します。

ユーザーコンテンツの知的財産権

あなたは、本ソフトウェアと使って、任意の当事者の権利を侵害する連絡先リスト、通信またはあらゆる種類のコンテンツをアップロードまたは送信しないことに同意します。このウェブサイトへのアイデア、 コンセプト、発明、またはコンテンツを提出、またはソフトウェアとの接続でそれらを使用することにより、そのような送信は、すべての目的で非機密であることを同意するものとします。 そのような送信を行う場合、あなたはソフトウェアを使用してKeeper Security またはサードパーティーに対して、 当事者の権利を侵害違反するすべての通信またはコンテンツをあらゆる第三者へ送信または転送しないことに同意します。あなたは、任意のビジネス情報、アイデア、コンセプト、 発明またはコンテンツをKeeper Security にメールで送信する場合は、このような送信は、すべての目的で非機密であることに同意します。Keeper Security に送信を行う場合、 またはあらゆるビジネス情報、アイディア、コンセプトまたは発明を Keeper Security にメールで送信する場合、あなたは自動的にそのようなコンテンツや知的財産の所有者が明示的にKeeper Security に対して、使用、複製、二次創作の作成、変更、発行、編集するための非独占的、無償、永続的、取消不能の、世界的なライセンスを付与していることを保証するものとし、翻訳、 配布、実行、および、いかなる方法においてもその旨が表示されます。

セキュリティ通知& ディスクロージャーポリシー

Keeper Security は内部インフラ、ソフトウェア、知的財産権、株主、弊社顧客を保護ならびに保全するため広範囲に渡る措置を講じるものとします。

本ソフトウェア使用にあたり、ユーザーは自身あるいは雇用主の情報(氏名、連絡先情報、登録情報等)を Keeper Security に提供するものとします。Keeper Security は、本ソフトウェアを使用してユーザーが調整したプレゼンテーション、本ソフトウェアを介してサポートしたユーザーの動向あるいはユーザーと個別に交わしたコミュニケーションに関し、該当する情報ならびに技術情報を使用する場合があるものとします。法的義務が生じない限り、ユーザーが許可を与えていない企業に対し Keeper Security はユーザーの連絡情報を提供しないものとします。

弊社プライバシーポリシーをご一読ください。セキュリティ研究者あるいはセキュリティ対策の専門家の方は、弊社ソフトウェアならびに/あるいはインフラのセキュリティ脆弱性に懸念を感じた場合、適時修正のため調査し速やかに処理いたしますので、Keeper Security へ通知をお願いいたします。以下の弊社連絡窓口までご連絡ください: security@keepersecurity.com

Keeper は弊社ソフトウェアやシステムに関するセキュリティ研究者のご意見やフィードバックを歓迎いたします。Keeper Security システム、本ソフトウェア、Keeper 起動中のユーザーデバイスへの不正アクセスは違法とみなされます。悪意ある開示行為の脅威、懸念される脆弱性に対する悪意ある開示行為、弊社ソフトウェアあるいはシステム(登録商標権ならびに所有権は Keeper Security が留保)におけるセキュリティの欠陥や劣化の開示行為は、情報漏洩ならびに Keeper システムに対する不正アクセスとみなされます。

保証の免責条項と救済方法

あなたは、Keeperの使用があなたの 個人の責任であることに同意します。KEEPER SECURITYは、ソフトウェアに中断やエラーがないことを保証しません。また、それはソフトウェアの使用によって得られる結果について、いかなる保障も行いません。本ソフトウェアは「現状のまま」提供され、Keeper Securityは特定の目的への非侵害性に対するすべての保障、明示または黙示を含みこれに限定しない、一切の明示、黙示を負いません。

Keeper Securityは、本ソフトウェアの故障や契約不履行の場合はソフトウェアを調整、修復するために商業上合理的な努力をするものとします。Keeper Securityは、定期的にソフトウェアの修正、拡張またはアップグレードを有料サブスクリプションプランのすべての顧客の利益のために行います。

賠償責任の制限

法令に違反しない範囲で、いかなる状況においても、それ以外の法的理論、不法行為、契約、またはその他に関わらず、 KEEPER SECURITY またはその基になるサービスプロバイダのいずれか、ビジネス・パートナー、情報提供、アカウントプロバイダー、ライセンサー、 役員、取締役、従業員、販売代理店または代理人は、KEEPER SECURITY がそのような損害の可能性について報告を受けていた場合においても、あなたおよびその他の人に対して直接的、間接的、特別、偶発的、カバー、依存または必然的な損害に対して、または第三者からの請求に対して、一切の金銭的損害、責任を負いません。

上記にかかわらず、KEEPER SECURITY があなたの損害に対してあらゆる原因、またその行為の形態に関わらず、 責任があることが明らかになった場合、行為の形態 (契約、不法行為(過失を含む)契約、不法行為(過失を含む))に限らず、この本契約に関連する KEEPER SECURITY の責任は、責任発生の12ヶ月前以内にソフトウェアに支払った金額から、その12ヶ月前以内にKEEPER SECURITYが既に損害賠償を支払った額を差し引いた金額に限定されます。法域によっては付随的、派生的な損害の除外または制限を認めていないので、この制限および除外は適用されない場合があります。

制限付き人物、ソフトウェアまたは技術データの輸出

あなたはここにあなたが「制限付き人物」ではないことを保証するものとします。本契約の目的のためには、あなたが代わってこのソフトウェアを使用しているあなた自身、または役員、取締役、または組織の支配株主が(1)キューバ、イラン、スーダン、シリアまたはその他米国財務省により随時決定される、取引に従事することを禁止されている国の国民、またはその法律下の組織である場合;(2)米国財務省によって、プライマリマネーロンダリングの懸念特別指定国または機関として指定されている場合;(3)拒否された人物リストまたは米国商務省によってテロリストリストまたはエンティティリストに記載されている場合;(4)米国政府のライセンスなしで米国人が貢献することができない核、ミサイル、化学あるいは生物兵器の活動に従事している場合;または(5)「制限付き人物」によって所有、コントロール、または制限された人の代理人である場合、あなたは「制限付き人物」とみなされます。本契約の期間中、制限付き人物になった場合には、24時間以内にKeeper Securityに通知しなければならず、Keeper SecurityはあなたのKeeper Securityに対する残高支払いの責任を損なうことなく、直ちにあなたとの契約とそれ以上の責任を終了する権利を有します。

あなたは明示的に米国政府の書面により事前承認されている場合を除き、すべての制限付き人物との取引を行うために本ソフトウェアを利用しないことに同意します。あなたはアメリカ合衆国またはその他該当国の規制に違反するアメリカ合衆国からのソフトウェア輸出またはソフトウェア再輸出、技術データも含め、あらゆるソフトウェアの送付をすることはできません。

サードパーティーのウェブサイトへのリンク

このソフトウェアは、ユーザーがKeeper Securityのものではないサードパーティのウェブサイトへリンクすることを許可します。これらのリンクは、 便宜のために提供され、Keeper Security はリンク先ウェブサイトの内容については責任を負わないものとします。このウェブサイトからアクセスする任意のKeeper Security のものではないウェブサイトは 、Keeper Security から独立しており、Keeper Securityはそのウェブサイトのコンテンツを制御することはできません。さらに、すべてのKeeper Securityのものではないウェブサイトへのリンクは、 Keeper Securityが是認していることを意味せず、またそのようなウェブサイトの内容または使用についていかなる責任を負うものではありません。

暗黙的な裏書なし

いかなる場合においても、第三者またはサードパーティー製のソフトウェアまたはサービスへの言及は Keeper Security がその第三者またはサードパーティーを承認または保証していることを意味しません。

著作権

Keeper Securityのウェブサイト上にて/からアクセス可能なマテリアルが著作権を侵害すると思われる場合、あなたは、Keeper Securityの著作権エージェントに連絡し、次の情報を提供することにより、ウェブサイトからこれらのマテリアルの除去を要求されることがあります。

1. 侵害されていると考えられる著作物を特定します。その作品を説明し、また可能であれば、その作品の承認されたバージョンのコピーや場所 (例えば、URL)を含めてください。

2. お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスを入力します。

3. あなたが当該マテリアルは著作権者、その代理人、または法律によって使用を許可されていないという誠実な信念を持っている旨のステートメント。

4あなたが提供した情報は正確であり、 「偽証の罰則規定に基づき」、あなたが著作権者であるか、または著作権所有者に代わって行動する権限を与えていることを示す旨のステートメント。

5. 著作権所有者または代理人からの署名または電子署名。

当ウェブサイトに関する著作権問題について、Keeper Securityの代理人は以下になります。

Keeper Security, Inc.
知的財産管理者
850 W. Jackson Boulevard
Suite 500
Chicago, IL 60607


+1 312.971.5702 Tel
support@keepersecurity.com

著作権者の権利を守るため、Keeper Securityは繰り返し侵害を図るサブスクリプション購入者に対して、適切な状況下におけるサブスクリプション終了のポリシーを守ります。

プライバシーポリシー

Keeper Securityのプライバシーポリシーはhttps://keepersecurity.com/ja_JP/privacypolicy.htmlにございます。あなたは弊社の本ソフトウェアを使用することにより、弊社のプライバシーポリシーのすべての条件の規定および条件を受け入れてこれに同意するものとします。

完全合意

契約のいずれかの規定が、執行不能または無効であることが判明した場合、その条項は制限または最小限まで削減され、本契約のそれ以外の条項は完全な力のまま残り、効力強制力を持ち続けます。

権利放棄、契約の可分性及び修正

Keeper Security とあなたは本契約が相互理解による完全かつ排他的なステートメントであり、以前のすべての書面および口頭の契約、通信、および本契約の主題に関連する他の理解をキャンセルすること、および、別途に規定される場合を除き、すべての権利放棄及び変更は本契約に両当事者が署名した書面で行われることに同意します。本契約または法律上または衡平法に基づく権利救済手段を行使において、いずれかの当事者による 遅延または不作為があった場合、そのような権利救済手段の放棄とみなされるものとします。 Keeper Security は本契約の内容を 変更す る か、 または改 訂 す る 権利 を 保有 しま す。当ウェブサイトで最新版の契約内容を公表します。本ソフトウェアを引き続き使用することに より、あなたは、変更後の利用規約の条項および条件に拘束されることを受諾したものと見なされます 。

代理関係

本契約の結果として、代理店、パートナーシップ、ジョイントベンチャー、雇用契約は作成されておらず、あなたはいかなる点においてもKeeper Security を制約するいかなる種類の権限も持たないものとします。

準拠法、裁判地& 裁判管轄

本契約は、米国イリノイ州の法律に準拠するものとします。本契約と関連するすべての法的措置の管轄は米国、またはイリノイ州クック郡シカゴにある連邦裁判所に提起されなければなりません。

追加情報

Keeper ソフトウェアの使用あるいは本利用規約にご質問のある方は、サポート窓口: support@keepersecurity.com へメールでご連絡いただくか、以下の住所まで郵便でご連絡ください: CRM Management, Keeper Security, Inc.(宛先人)、850 W. Jackson Blvd, Suite 500, Chicago, IL 60607, USA(宛先住所)

一般

Keeper Security, Inc.(以下「Keeper Security 社」もしくは「KSI」)は、個人や組織向けの暗号化メッセンジャーソフトウェアプログラム KeeperChatTM を開発、マーケティング、販売するものとします。KeeperChat をご利用いただけば、プライベートかつ安全なチャットメッセージをモバイルデバイスやコンピュータ内で作成ならびに保管し、公開されないよう保護することが可能です。書類、個人的な写真やビデオなど、プライベートファイルをチャットメッセージに添付することもできます。KeeperChat は非公開かつパスワードで保護された「ボルト」内に、チャットメッセージや添付ファイルを暗号化して保管いたします。KeeperChat はスマートフォン、タブレット、コンピュータに導入できるだけでなく、iOS、Android、Mac、Windows などすべての主要オペレーティングシステムに対応しています。KeeperChat で採用されている強力な暗号化能力を備えたゼロ知識セキュリティプラットホームには、アメリカ合衆国商務省産業安全保障局から #5D992 の輸出承認を受けた 256 ビット暗号が使用されています。本文においてこれ以降、KeeperChat を「KeeperChat」、「システム」、「ソフトウェア」と表記いたします。

本利用規約を熟読の上、ご理解いただけますようお願いいたします。KeeperChat のサブスクリプション、ならびにソフトウェアの使用において、本利用規約が適用されます。KeeperChat を使用すると、本利用規約に同意したものとみなされます。本利用規約はユーザーによる第三者への譲渡を認めないものとします。

著作権、特許権および商標情報

KeeperChat ならびに含まれる情報は、Keeper Security 社が所有権を留保し、合衆国著作権法、商標法、国際条約、その他知的財産法により不正コピーならびに流布から保護されるものとします。一例として、Keeper ならびに KeeperChat ロゴ同様、「KeeperChat」、「Keeper」、「Password Keeper」、「Keeper DNA」は、合衆国ならびに/あるいは諸外国の適用法による Keeper Security 社の登録商標であり、適用範囲はこれに限定しないものとします。Apple、Apple ロゴ、Mac は Apple Inc. の登録商標であり、合衆国ならびに諸外国において商標として登録されています。App Store は Apple Inc. の商標です。Google Play は Google Inc. の登録商標です。Amazon ウェブサービス、「Powered by Amazon Web Services」ロゴは Amazon.com, Inc. または合衆国ならびに/あるいは諸外国支社の登録商標です。本ソフトウェアに表示されるその他ソフトウェア、サービス名、ロゴは、Keeper Security 社の商標あるいは登録商標であり、それら所有権は Keeper Security 社が留保するものとします。本リストに挙げられていないソフトウェア、サービス名、ロゴに対し、Keeper Security 社の登録商標あるいは名称やロゴに関するその他知的所有権としての権利を留保するものとします。KeeperChat の商標登録は現在申請中です。

商標

以下のロゴならびに項目は米国登録商標として保護されています(“Keeper Marks”)。したがって、下記マークを最初に使用する場合、KeeperChat®、Keeper®、Password Keeper®、Keeper DNA® などのようにスーパースクリプト「R」を使用することをリクエストいたします。@Keeper(ロゴ)は米国商標登録番号 3,719,919、Keeper®(標準表記)は米国商標登録番号 3,965,190、Password Keeper®(標準表記)は米国商標登録番号 3,995,241、KeeperChat®(標準表記)は米国商標登録番号 5,439,068 で保護されています。

利用規約

Keeper Marks を使用した場合、使用者は本ブランディングガイド内の Keeper Marks ならびにコンテンツに対し、Keeper Security, Inc(「Keeper Security」)が独占所有権を留保することに同意したものとみなされます。Keeper Marks は米国著作権法、商標法、国際条約、その他知的財産法により不正コピーならびに流布から保護されるものとします。一例として、「Keeper」、「Password Keeper」、「Keeper DNA」、「KeeperChat」、Keeper ロゴは、適用範囲をこれらに限定することなく、米国ならびに/あるいは諸外国の適用法による Keeper Security の登録商標です。Keeper ソフトウェアに表示されるその他ソフトウェア、サービス名、ロゴは Keeper Security ならびに/あるいは当該所有者の商標または登録商標です。

責任範囲と禁止事項

世界中で数百万人のユーザーが KeeperChat を使用し、暗号化されたチャットメッセージ、ならびに取り扱いに細心の注意が必要となる書類、写真、ビデオなどの個人情報を作成、送信、保管しています。ユーザーは法律で認められた範囲内で「本ソフトウェア」を使用し、悪用しないことに同意するものとします。「本ソフトウェア」を使用した場合、以下の項目を遵守することに同意したものとみなされます:

本ソフトウェアの使用、アクセス、機能を阻害、破壊、外観改変、制限を意図するソフトウェア・ウイルス、トロイの木馬、ワーム、ファイル、プログラムを含んだマテリアルはいかなる場合でもアップロード、投稿、メール送信、発信等してはならないものとします。

違法、ポルノ、不正、不快なマテリアルはいかなる場合でもアップロード、投稿、メール送信、発信等してはならないものとします。

プライバシー、他者の知的財産権を侵害するマテリアルはいかなる場合でもアップロード、投稿、メール送信、発信等してはならないものとします。

本ソフトウェアに対しいかなる「リバースエンジニア」、改変、修正、ハッキング、翻訳、コピー、配布、担保、割当、転送、二次作品の作成、悪用、阻害、クラッキングをしてはならないものとします。

本ソフトウェアの再販承認を受けていない場合、本ソフトウェアに関連し Keeper Security 社から配信されたニュースレターだけではなく、本ソフトウェア本体、その構成要素、本ソフトウェアに関連して提供された書類、コンテンツのディスプレイ、コピー、模写、ライセンス供与、配布してはならないものとします。

Keeper Security 社が独自の裁量で違法、ポルノ、不正、不快、他者の知的財産権あるいは法的権利を侵害しているコンテンツだと判断した場合、コンテンツを削除し、ユーザーがコンテンツへアクセスすることをブロックできるものとします。

マスターパスワード

本ソフトウェアを使用するにあたり、ユーザーは「マスターパスワード」を作成する必要があることをここに理解するものとします。マスターパスワードは作成ユーザーのみが使用します。

ユーザーはマスターパスワード、ならびに本ソフトウェアを使用して入力、インポート、エキスポートされたチャットメッセージ(添付ファイルを含む)の安全性維持に全責任を負うものとします。Keeper Security 社はユーザーのマスターパスワードに関する知識を有せず、マスターパスワードに関する質問あるいは開示請求はできないものとします。Keeper Security 社は、いかなる状況においても、マスターパスワードあるいは KeeperChat に保管されているメッセージ(添付ファイルを含む)へアクセスすること、ならびに知識を有することはできないものとします。

いかなる状況においても、ユーザーは第三者にマスターパスワードを開示しないことに同意するものとします。ユーザー側から Keeper Security 社に対してソフトウェアの使い方に関する支援を要請した場合であっても、Keeper Security 社のカスタマーサポート担当者に対しマスターパスワードを開示しないものとします。同様に、Keeper Security 社の従業員、代理人、役員、取締役とマスターパスワードを共有しないことに同意するものとします。ユーザーのマスターパスワードあるいは KeeperChat に保管されている情報の使用により、KeeperChat 情報もしくはその他の資産が誤用、悪用された場合、Keeper Security 社は個人の行動に対し責任を負わないものとします。

マスターパスワードはしっかり記憶してください。マスターパスワードを紛失または忘れた場合、Keeper Security 社側で記録へアクセスする方法をお手伝いをすることはできません。Keeper Security 社はユーザーのマスターパスワードに関する知識を有さず、マスターパスワードへアクセスすることはできません。重ねて、マスターパスワードを忘れることがないよう、細心の注意をお願いいたします。KeeperChat に保管されている情報へアクセスする際は、必ずマスターパスワードが必要となります。

KeeperChat メッセージならびに添付ファイルのメンテナンス

Keeper Security 社は、Keeper Security の Cloud Security Vault™ 上にユーザーの KeeperChat メッセージ(最大 100 MB までの添付ファイルを含む)の暗号化済みバイナリファイルを保管いたします。チャットメッセージ(添付ファイルを含む)のリアルタイムバックアップを作成する際、ならびにローカルシステムのクラッシュやデバイスの破損、紛失、機種変更が発生した場合に情報を回復する必要に迫られた際、この暗号化されたバイナリファイルを使用いたします。さらに、ハッキングの危機にさらされ、KeeperChat の自己破壊機能が発動された際に、暗号化されたバックアップが重要な機能を果たしてくれます。この他にも、KeeperChat がインストールされたデバイス間でチャットメッセージをシームレスに同期する際にも、クラウドセキュリティボルトが使用されます。

サブスクリプション期間が終了し、本規約に基づきユーザーがサブスクリプションを更新しないことを選択した場合、Keeper Security 社はファイル(例、書類、写真、ビデオ等)が保管されているアカウントにある KeeperChat メッセージを削除する権利を留保するものとします。情報削除に先立ち、KeeperChat アカウントに関連付けされているメールアドレスへ通知を送信いたします。課金期間が終了したアカウント、あるいは無料ユーザーアカウントは無料ユーザーアカウントへ変更されます。

無料ユーザーが 12 ヶ月間本ソフトウェアを使用しなかった場合、Keeper Security 社は該当するアカウントを抹消ならびに削除する権利を留保するものとします。アカウント削除に先立ち、KeeperChat アカウントに関連付けされているメールアドレスへ通知を送信いたします。

本ソフトウェアのユーザーはすべて、Keeper Security 社が随時修正するプライバシーポリシーに同意ならびに遵守するものとします。

本責任範囲と禁止事項に違反した場合、本契約が解除される場合がございます。

ソフトウェアとサポート

KeeperChat で作成した情報は、256 ビットで暗号化されたセキュアソケットレイヤー(SSL/https)接続を使用して、Keeper のクラウドセキュリティボルトに送信されます。ユーザー情報は 128 ビット AES 暗号で暗号化されています。Keeper 従業員がユーザーの記録にアクセスすることはございません。ユーザーがマスターパスワードを忘れた場合、弊社側で記録回復の手助けはいたしかねます。ユーザーの IP アドレスやログイン情報などの情報は、セキュリティと保護のために利用されます。

「本契約」は供与されるソフトウェアに適用され、Keeper Security Inc. は本契約を修正できるものとします。状況に応じ、Keeper Security Inc. はガイドライン、ルール、経営方針を設置ならびに公表するものとします(「本契約」には、範囲を制限することなく、Keeper Security Inc. プライバシーポリシーが適用されるものとします。Keeper Security Inc. が作成したすべてメール、あるいは他の方法でユーザーに送信されるリンクには、Keeper Security Inc. プライバシーポリシー<『特に断りのない限り』以下 「ポリシー」>が含まれ、本契約に関する事項にはすべて「ポリシー」が適用されるものとします。)

使用年齢

本ソフトウェアは、適用法のもと法的拘束力を持つ文書を作成できる個人のみを対象とします。前述の制限を鑑み、18 歳未満の個人は本ソフトウェアを使用できないものとします。本ソフトウェアを使用した場合、ユーザーが 18 歳以上であることを認めたものとみなされます。年齢制限を満たさない場合、本ソフトウェアの使用は許可されません。管理プログラムのもと従業員として Keeper を使用する場合、就労先の管理者から承認を受けてください。

本ソフトウェア使用中に起こった問題を解決する目的に限り、定期的に、KeeperChat サポートスタッフへリモートアクセスを許可し、コンピュータ画面を確認してもらうことができます。Keeper Security 社が「マスター・パスワード」あるいはユーザーデータにアクセスすることはございません。Keeper Security 社あるいは弊社従業員に起因するサービスの中断や損害を含め、アクセスで発生した問題による損害に対し、本規約によりユーザーは請求権を放棄するものとします。

登録、サブスクリプション料金、支払期間および代金返却ポリシー

登録

ユーザー登録を行なう場合、ユーザーはメールアドレス、電話番号、マスターパスワード、セキュリティ質問とその答えを正しく入力することに同意するものとします。当該情報は、ユーザーのみが生成ならびに暗号解除可能なオリジナルの暗号化キーを生成する際、安全対策として使用されます。Keeper は当該情報に関する知識を有せず、当該情報へアクセスすることはできません。次に、デバイス ID と位置情報を確認するため、利用しているデバイスの電話番号を入力するよう求められます。この作業を行なうことで、弊社の 2 段階認証システム Keeper DNA™ でアカウントのセキュリティをさらに向上させることが可能になります。ユーザーは、アカウント関連のコードや重要アップデートをお知らせするテキストメッセージやアラートを受信することに同意するものとします。

連絡先リスト

ユーザーは KeeperChat へ新規ユーザーを招待できるよう、KeeperChat が定期的に連絡先へアクセスする許可を与えることに同意するものとします。ユーザーは自身が連絡先リストの所有者であること、弊社へ当該情報を提供する許可を与えることを承認するものとします。

デバイスへのアクセス

ユーザーは弊社ソフトウェアを使用し、製品アップデートをインストールできるよう、KeeperChat がデバイスに搭載されたカメラ、マイク、データ通信へアクセスする許可を与えることに同意するものとします。

無料プラン

ユーザー登録を行なうと、メッセージ取り消しや自己破壊など、プレミアム機能がすべて内蔵されている KeeperChat Plus の使用が許可され、ユーザーのデバイス(複数)で 30 日間ご利用いただけます。メディアギャラリーのストレージ上限は 1GB です。時期に応じ、マーケティングプロモーションの一環として、KeeperChat Plus の使用期間が無料延長される場合があります。KeeperChat Plus の無料トライアル期間終了後は、機能が制限された「無料プラン」をご利用いただけます。例、メッセージ取り消しと自己破壊の使用を 1 日 5 通までに制限。メディアストレージの使用上限を 1 GB に制限。

プランのアップグレード方法

アカウントは随時アップグレードすることができます。現行期間中にサブスクリプションをアップグレードする場合、現行期間の残り期間を延長期間として受け取ることができます。延長期間終了後、新規プランに対する年間料金が課金されます。ユーザーは、KeeperChat サブスクリプションに関連して発生する使用料金、諸税、請求額すべてを、課金が発生した時点の実効レートで支払うことに同意するものとします。標準的な年間料金請求サイクルは 365 日です。より大容量のストレージを利用できるプランへアップグレードする場合、現行のストレージ容量は大容量ストレージプランの一部として計算されます。例、20GB プランをご利用中の方が 50GB プランへアップグレードする場合、アップグレードに伴い追加ストレージ 30GB がアカウントへ追加され、合計ストレージ容量は 50GB になります。

サブスクリプション料金

Keeper Security 社が請求する料金はサブスクリプション料金(購読料)と呼ばれます。以下に掲載されているプレミアム機能 https://keepersecurity.com/ja_JP/pricing.html を使用する場合、本ソフトウェアに対する年間サブスクリプション料金の課金対象となります。本ソフトウェアの年間サブスクリプション料金は前払いでユーザーに請求されます。お支払いが確認されるまで、KeeperChat 有料バージョンにアクセスすることはできません。ユーザーのサブスクリプションプランに応じ、サブスクリプション料金は前払いで請求ならびに課金されます。

支払い済みサブスクリプションプランの失効

失効 5 日前に、サブスクリプション期間が終了し自動更新されることがユーザーに通知されます。お支払い手続きが正常に完了しなかった場合、お支払い方法更新を促す通知が配信されます。サブスクリプション更新手続きを正常に完了できず、サブスクリプションが失効してしまったユーザーに対し、年間サブスクリプションを正常に更新できるよう 15 日間の支払猶予期間が設けられています。従って、「無料プラン」のファイル制限まで KeeperChat メディアギャラリーの使用済みスペースを減らすために、メディアファイルを削除、ダウンロード、保存できる期間は(通知受信後)5 日間になります。この期間を経過した場合、Keeper Security 社はプランのストレージ制限を超えているメディアファイルを完全に削除する権利を留保するものとします。

お支払い

KeeperChat Plus をご利用になる場合、弊社にお支払い方法をお知らせください。本ソフトウェアの購入にあたりユーザーが選択できるお支払い方法は、有効なクレジットカード、デビットカード、Keeper Security 社が承認しサブスクリプション料金を正常にお支払い可能なチャージカード(以降すべての総称として「チャージカード」)です。小切手、電子送金、その他のお支払い方法をお望みの方は、Keeper Security 社へ直接ご相談のうえ承認を受けてください。Keeper 社は自動請求する権利、ならびに毎年のサブスクリプション料金を請求する権利を留保するものとします。ユーザーは、Keeper Security 社がサブスクリプション料金として「チャージカード」へ請求する金額を支払うことに責任を負うものとします。

無効あるいはキャンセル扱いの支払い

チャージカードをキャンセルする場合、あるいは有効期限が切れた場合、ユーザーは即座に有効なチャージカード番号を弊社へ通知するものとします。状況に応じ、弊社側で提供されたチャージカード番号が有効であるかを確認する手順を実施することを、ユーザーは承認するものとします。本契約有効期間中のリクエストに応じ、十分信用たる現在有効なチャージカード番号を弊社に通知しなかった場合、ユーザーが本契約に違反しているとみなし、弊社は本契約を解除できるものとします。クレジットカード番号の代わりにデビットカード番号を弊社に通知する場合、ユーザーは弊社が本契約に記載された請求のすべてを当該デビッドカードに課金することを承認するものとします。年間支払いオプションを選択した場合、あるいは以前に支払い用チャージカードを通知している場合、Keeper Security 社が定期的に毎月あるいは毎年の各請求サイクル開始時に当該額をカードに請求することを、ユーザーはここに承認するものとします。なんらかの事由により、Keeper Security 社がチャージカードによる自動支払いを受けられなかった場合、Keeper Security 社はユーザーに対しメールでその旨を通知すると共に、支払いを受けるまで、ユーザーの Keeper アカウントを停止できるものとします。

料金の変更

KeeperChat は随時、製品の使用料金を変更できるものとします。料金が変更される場合、KeeperChat ウェブサイトあるいはサードパーティーのアプリケーションストアで公表するものとします。ユーザー名とパスワードに関連する手数料および料金はすべて、登録処理中に設定されたお支払い方法に請求されるものとします。ユーザーは、インターネットアクセスプロバイダやサードパーティサービスを介して KeeperChat ウェブサイトへアクセスする際に発生する手数料や料金に対し責任を負うものとします。

返金

ユーザーは随時アカウントをキャンセルできるものとします。本ソフトウェアをご購入いただいた時点でフル機能を配布していること、ならびに弊社側でユーザーのデバイスからソフトウェアをアンインストールできないことを踏まえ、ユーザーが返金を受けることはできません。

サードパーティーのサイトや App Store からの購入

Google Play や Apple iTunes など、サードパーティーのサイトやアプリケーションから KeeperChat のサブスクリプションを購入した場合、当該システム経由でサブスクリプションの管理やキャンセルを実行してください。

アクセスを無効にする権利

Keeper Security 社はユーザーが上記利用規約または本契約事項に違反していると判断した場合、返金あるいは償還することなく、独自の裁量により本ソフトウェアへのアクセスを即座に停止することができるものとします。

使い方をアンインストール

KeeperChat をご利用中のデバイスからアンインストールしなければならない場合、FAQ ページへ移動してください。

法律の遵守ならびに監視

ユーザーは本契約を遵守し、本ソフトウェアを使用するものとします。ユーザーは合衆国ならびに居住地の地域法、州法、連邦法に違反する手段や方法を用いて本ソフトウェアを使用しないことに同意するものとします。

補償

本契約によりユーザーは、(i)本契約の違反、(ii)本ソフトウェアを使用してユーザーが流布したメッセージの内容あるいは趣旨、(iii)本ソフトウェアの使用により発生した問題、これらを起因として起こされた請求あるいは法的措置で生じる損害、損失、負債、裁定、費用(諸経費ならびに合理的な弁護士費用だけに限定されることなく生じる費用を含む)に対し、Keeper Security 社、業務提携先、サードパーティーのサプライヤー、プロバイダ、ライセンサー、役員、取締役、従業員、販売業者、代理店を擁護、補償、免責することに同意するものとします。加えて、ユーザーが違法な目的のために本ソフトウェアを使用した場合、違法な手段で使用した場合、本契約の条項に矛盾する方法で使用した場合、直接的、間接的、専門的、二次的、補填的、信頼的、間接的損害に限定されることなく、Keeper Security 社は損害賠償を求める権利を有することを認め、ユーザーはこれに同意するものとします。

ユーザーコンテンツの知的財産権

ユーザーは本ソフトウェアを使用して当事者の権利を侵害、悪用、妨害するおそれのある連絡先リスト、コミュニケーション、コンテンツをアップロードあるいは発信しないことに同意するものとします。思想、概念、発明、コンテンツを当ウェブサイトに送信した場合、あるいは本ソフトウェアと接続してこれらを使用した場合、送信された内容は守秘義務の対象から外れることに同意したものとみなされます。該当する状況でユーザーがそれらを送信する場合、当事者の権利を侵害、妨害するおそれのあるコミュニケーションあるいはコンテンツを、Keeper Security 社あるいは本ソフトウェアを使用しているサードパーティーへ送信あるいは発信しないことに同意するものとします。業務関連情報、思想、概念、発明、コンテンツを Keeper Security 社へメールで送信する場合、送信された内容は守秘義務の対象から外れることに同意するものとします。何かを Keeper Security 社へ送信する場合、あるいは業務関連情報、思想、概念、発明を Keeper Security 社へメールで送信する場合、Keeper Security 社に対しそれらコンテンツの所有権あるいは知的財産権が非独占的、著作権使用料免除、無期限、解約不能、世界的使用ライセンス、派生著作物作成、修正、公表、編集、翻訳、配信、実行、あらゆる形態でディスプレイ可能な条件において明示的に供与されることを認め保証するものとします。

セキュリティ通知と開示ポリシー

Keeper Security は内部インフラ、ソフトウェア、知的財産権、株主、弊社顧客を保護ならびに保全するため広範囲に渡る措置を講じるものとします。

本ソフトウェア使用にあたり、ユーザーは自身あるいは雇用主の情報(氏名、連絡先情報、登録情報等)を Keeper Security に提供するものとします。Keeper Security は、本ソフトウェアを使用してユーザーが調整したプレゼンテーション、本ソフトウェアを介してサポートしたユーザーの動向あるいはユーザーと個別に交わしたコミュニケーションに関し、該当する情報ならびに技術情報を使用する場合があるものとします。法的義務が生じない限り、ユーザーが許可を与えていない企業に対し Keeper Security はユーザーの連絡情報を提供しないものとします。

弊社プライバシーポリシーをご一読ください。セキュリティ研究者あるいはセキュリティ対策の専門家の方は、弊社ソフトウェアならびに/あるいはインフラのセキュリティ脆弱性に懸念を感じた場合、適時修正のため調査し速やかに処理いたしますので、Keeper Security へ通知をお願いいたします。以下の弊社連絡窓口までご連絡ください: security@keepersecurity.com

Keeper は弊社ソフトウェアやシステムに関するセキュリティ研究者のご意見やフィードバックを歓迎いたします。Keeper Security システム、本ソフトウェア、Keeper 起動中のユーザーデバイスへの不正アクセスは違法とみなされます。悪意ある開示行為の脅威、懸念される脆弱性に対する悪意ある開示行為、弊社ソフトウェアあるいはシステム(登録商標権ならびに所有権は Keeper Security が留保)におけるセキュリティの欠陥や劣化の開示行為は、情報漏洩ならびに Keeper システムに対する不正アクセスとみなされます。

保証免責ならびに改善措置

ユーザーは自己責任のもと KeeperChat を使用することに同意するものとします。Keeper Security 社は KeeperChat の停止や誤動作が起こらないことを保証せず、使用中に生じた結果に対し保証しないものとします。本ソフトウェアは「保証なし」で提供され、明示あるいは黙示を問わず、これに限定されることなく、商品性の黙示保証、特定目的への適合性、非侵害に対し、Keeper Security 社は一切保証しないものとします。

本ソフトウェアの故障あるいは契約不履行に対し、Keeper Security 社はユーザーに対し唯一かつ排他的な救済として、商慣習上合理的な努力を尽くし、本ソフトウェアの調整あるいは修理を行うものとします。購入済みサブスクリプションプランを利用する全顧客のために、Keeper Security 社は定期的に本ソフトウェアを修正、強化、アップグレードするものとします。

賠償責任の制限

関係法令に抵触しない範囲において、いかなる状況においても、いかなる法的理論、不法行為、契約等においても、KEEPER SECURITY 社あるいはその基幹となるサービスプロバイダ、事業提携先、情報提供者、アカウントプロバイダ、ライセンサー、役員、取締役、従業員、販売業者、代理人はユーザーあるいは個人に対して金銭的損害、直接的、間接的、専門的、直接的、間接的、二次的、補填的、信頼的、間接的損害に法的責任を負わないものとし、KEEPER SECURITY 社が同等の損害発生を既知であった場合でも、他の当事者からの請求であった場合でも適用されないものとします。

前項規定に関わらず、かかる事案が発生し、事由の如何を問わず KEEPER SECURITY 社がユーザーの損害に対し法的責任を負うことが明らかになった場合、法的措置[契約、不法行為(過失を含む)、本ソフトウェアの補償責任等]の形式を問わず、本契約に関連し KEEPER SECURITY 社が定めるユーザーへの賠償責任範囲は、賠償責任発生前 12 ヶ月以内に本ソフトウェア購入のためにユーザーが支払った額以下、12 ヶ月前以内に KEEPER SECURITY 社が既に支払った損害賠償額以下に限定されるものとします。偶発的あるいは間接的損害の除外あるいは制限が法的に認められていない地域もあるため、本制限ならびに除外がユーザーに適用されない場合があります。

制限対象者、ソフトウェアの輸出、技術データ

ユーザーは自身が「制限対象者」ではないことをここに保証するものとします。「本契約」の目的において、以下の場合、「制限対象者」とみなされます: ユーザー、役員、取締役、ユーザーが使用している本ソフトウェアを代理する団体の支配株主が、(1)キューバ、イラン、スーダン、シリア、あるいは米国財務省が随時決定する米国民が取引を行うことが禁止されている国の国民、あるいはその国の法律下にある団体に所属している場合、(2)米国財務省がマネーロンダリングの最懸念先として特別指定した国あるいは団体である場合、(3)米国商務省が指定した拒否人物リスト、テロリストリスト、団体リストに記載されている場合、(4)米国政府のライセンスなしで米国民が関与してはならない核、ミサイル、化学あるいは生物兵器生産に従事している場合、(5)「制限対象者」に所有、支配されている者、あるいは「制限対象者」の代理人である場合。「本契約」の有効期間中に「制限対象者」となった場合、ユーザーは 24 時間以内に Keeper Security 社へ通知するものとし、Keeper Security 社はユーザーに対しさらなる責任を停止する権利を留保し、ユーザーに対する補償を即座に免除されるものとします。ただし、ユーザーは Keeper Security 社に対し、債務残高の損害をもたらさない事とします。

ユーザーは本ソフトウェアを使用し「制限対象者」との取引を指揮あるいは教唆しないことに同意するものとします。ただし、米国政府より事前に書面で明確に授権された場合は例外とします。ユーザーはアメリカ合衆国からの持ち去りや輸出をしないものとし、本ソフトウェア本体あるいは当該ソフトウェアの一部を、技術データを含め、合衆国あるいはその他居住国の制限事項、法律、条例に違反して輸出または再輸出できないものとします。

サードパーティー・ウェブサイトへのリンク

ユーザーが本ソフトウェアを Keeper Security 社ではないサードパーティーのウェブサイトにリンク付けすることを許可するものとします。ユーザーの便宜を図る意味でこれらのリンク使用を許可しますが、リンク付けされたウェブサイト上のコンテンツに対し Keeper Security 社は責任を負わないものとします。本ウェブサイトからアクセスした Keeper Security 社以外のウェブサイトは Keeper Security 社とは別組織であり、Keeper Security 社は当該ウェブサイト上のコンテンツを管理するものではありません。さらに、Keeper Security 社以外のウェブサイトへのリンクに対し、Keeper Security 社はそのコンテンツあるいは当該ウェブサイトの使用に関する責任を承認または負うものではないこととします。

暗黙的な裏書なし

いかなる場合であっても、第三者、サードパーティー製ソフトウェア、サービスへの問い合わせを行うことで、Keeper Security 社が該当する第三者、サードパーティーによって提供されたソフトウェアあるいはサービスを承認または保証しないものとします。

著作権

Keeper Security 社のウェブサイトからアクセス可能なマテリアルが自身の著作権を侵害していると思われる場合、Keeper Security の著作権代理人に連絡し、ウェブサイトから当該マテリアルの削除要請をすることが可能となります。その場合、以下の情報をご提供ください:

1、著作権を侵害されていると思われる著作物の特定。その作品を説明し、また可能であれば、その作品の承認されたバージョンのコピーや場所(例えば、URL)を含む。

2、氏名、住所、電話番号、メールアドレス。

3、誠実な信念に基づき、当該マテリアルは著作権者、その代理人、法律により使用を許可されていないことを示すステートメント。

4、「偽証の罰則規定に基づく」ことを承知したうえで提供した情報が正確であること、自身が著作権者あるいは著作権所有者に代わって行動する権限を受けていることを示すステートメント。

5、著作権所有者まあるいは代理人の署名または電子署名。

当サイトに関連する著作権問題の Keeper Security 社代理人連絡先は以下の通りです:

Keeper Security, Inc.
知的所有権管理者
850 W. Jackson Boulevard
Suite 500
Chicago, IL 60607

電話番号:+1-(312)-226-5544
ファクシミリ:+1-(312)-829-2971
メールアドレス: support@keeperchat.com

著作権所有者の権利を保護するために、Keeper Security 社は繰り返し著作権侵害を行う Keeper 課金ユーザーに対する契約解除ポリシーを留保するものとします。

プライバシーポリシー

Keeper Security 社プライバシーポリシーは以下のサイトに掲示されています: https://keepersecurity.com/ja_JP/privacypolicy.html。弊社ソフトウェアを使用すると、弊社プライバシーポリシーの規約、規定、条件に同意したものとみなされます。

完全合意

本契約における規定条項が執行不能または無効であることが判明した場合、当該条項は制限または最小限まで削減され、本契約における当該条項以外は効力、強制力、拘束力を有し続けるものとします。

権利放棄、可分性、修正条項、通知条項

Keeper Security 社とユーザーは、本契約が当事者双方で相互理解に達した完全かつ排他的宣誓であること、本契約が最優先事項であり以前交わされた文書ならびに口頭による同意、コミュニケーション、本契約の主題に関連するその他の理解を破棄するものであること、本契約に別途記載されていない場合、すべての権利放棄ならびに修正事項は当事者双方が文書に署名しなくてはならないことに同意するものとします。一方の当事者が本契約、現行法、衡平法のもと、権利あるいは賠償請求を行使する際に遅延あるいは不作為を行った場合、該当する権利や賠償請求を放棄したものとします。Keeper Security 社は随時本契約を改訂する権利を留保するものとし、最新アップデート情報を弊社ウェブサイトに公開するものとします。ユーザーが本ソフトウェアを継続使用する場合、ユーザーは修正ならびに改訂された利用規約に拘束されるものとします。Keeper Security 社はユーザーにメール連絡する権利を留保し、デバイスレベルあるいは Keeper ソフトウェア・アプリケーション内で物的証拠あるいはユーザーアカウントに関する重要な変更をユーザーに通知するものとします。

代理関係

ユーザーが Keeper を使用することで代理店、業務提携、共同事業、雇用契約が作成されることはないものとします。ユーザーは Keeper Security 社を制約するいかなる権限も持たないものとします。

紛争の解決

KeeperChat アカウントに関連する紛争を解決する場合、ユーザーはまず弊社サポートデスク https://keeperchat.com/ja_JP/support.html へ連絡することに同意するものとします。かかる紛争が 30 日間以内に解決しない場合、紛争が初めて提起された日付から起算して 12 ヶ月以内に、ユーザーは米国仲裁協会へ仲裁を申し立てることに同意するものとします。この期間(12 ヶ月)以降に仲裁を申し立てた場合、その申し立ては棄却されます。申し立てに関連する申請手数料等はすべてユーザーが負担するものとします。

集団訴訟や代表訴訟の放棄

ユーザーならびに Keeper Security, Inc.は、他者に対し集団訴訟を提起しないこと、紛争状態にある相手方の他者代理人または団体代理人として集団訴訟を提起あるいは参加しないことに同意するものとします。ユーザーと弊社の間に紛争が発生した場合、当事者同士のみで紛争を提起ならびに解決することに同意するものとします。

準拠法、訴訟原因発生地、裁判管轄

本同意事項はアメリカ合衆国イリノイ州法に準拠するものとします。本同意事項に関して法的措置を講ずる際の裁判管轄は、イリノイ州クック郡シカゴの州立裁判所あるいは連邦裁判所にあるものとします。

追加情報

KeeperChat ソフトウェアの使用あるいは本利用規約にご質問のある方は、サポート窓口: support@keeperchat.com へメールでご連絡いただくか、以下の住所まで郵便でご連絡ください: CRM Management, Keeper Security, Inc.(宛先人)、850 W. Jackson Blvd, Suite 500, Chicago, IL 60607(宛先住所)

Keeper Security, Inc.(以下「Keeper Security 社」)は、モバイルならびにデスクトップ用セキュリティ・ソフトウェア・プログラム Keeper® を、個人、市政機関、教育機関、金融機関、一般事業に対し供与、マーケティング、販売するものとします。本規約は、IT 管理者ならびに開発者が自己の Keeper アカウントへアクセスする際、ならびにサードパーティー製アプリケーションと統合する際に、コマンド・ラインならびにアプリケーション・プログラミング・インターフェース(以下「API」)の使用を可能とする Keeper Commander ソフトウェア・開発キット(以下「SDK」)ならびに iOS SDK(総じて「SDK」)を保証するものとします。本利用規約を熟読の上、ご理解いただけますようお願いいたします。SDK ならびに API を使用すると、本利用規約に同意したものとみなされます。本利用規約に同意できない場合、Keeper Security 社は SDK あるいは API の使用ライセンスを供与しないものとします。本利用規約はユーザーによる第三者への譲渡を認めないものとします。本規約は予告なしに随時アップデートできるものとします。

オープンソース・ライセンス

SDK は MIT ライセンス 供与に従いリリースされています。

使用権

Keeper Security 社は、ユーザーが非独占的かつ譲渡不能のライセンス供与を受ける SDK ならびに API の所有権を留保するものとします。 SDK ならびに API の使用者は Keeper アカウントに登録したユーザーのみとします。Keeper ソフトウェア、SDK ならびに API を総じて “「本ソフトウェア」と称することとします。”Keeper Security 社は以下サイト https://keepersecurity.com/ja_JP にて、SDK ならびに API のアップデートを随時公開できるものとします。 SDK あるいは API は、双方とも任意に使用またはキャンセルできるものとします。利用規約に違反した場合、Keeper Security 社はその裁量により、ライセンスを随時停止できるものとします。

使用年齢

本ソフトウェアは、適用法のもと法的拘束力を持つ文書を作成できる個人のみを対象とします。前述の制限を鑑み、18 歳未満の個人は本ソフトウェアを使用できないものとします。本ソフトウェアを使用した場合、ユーザーが 18 歳以上であることを認めたものとみなされます。年齢制限を満たさない場合、本ソフトウェアの使用は許可されません。管理プログラムのもと従業員として Keeper を使用する場合、就労先の管理者から承認を受けてください。

本ソフトウェア使用中に起こった問題を解決する目的に限り、定期的に、Keeper サポートスタッフへリモートアクセスを許可し、コンピュータ画面を確認してもらうことができます。Keeper Security 社が「マスター・パスワード」あるいはユーザーデータにアクセスすることはございません。Keeper Security 社あるいは弊社従業員に起因するサービスの中断や損害を含め、アクセスで発生した問題による損害に対し、本規約によりユーザーの請求権を放棄するものとします。

責任範囲と禁止事項

ユーザーは法律で認められた範囲内で「本ソフトウェア」を使用し、悪用しないことに同意したものとします。「本ソフトウェア」を使用した場合は、すべての 利用規約 を遵守することに同意したものとします:

本ソフトウェアの使用、アクセス、機能を阻害、破壊、外観改変、制限を意図するソフトウェア・ウイルス、トロイの木馬、ワーム、ファイル、プログラムを含んだ素材はいかなる場合でもアップロード、投稿、メール送信、発信してはならないものとします。

違法、ポルノ、不正、不快な素材はいかなる場合でもアップロード、投稿、メール送信、発信してはならないものとします。

所有権、プライバシー、利用規約、他者の知的財産権を侵害する素材はいかなる場合でもアップロード、投稿、メール送信、発信してはならないものとします。

Keeper Security 社のバックエンド・システムにより実行されている本ソフトウェアに対し、いかなる "リバース・エンジニアリング"、改変、変更、ハッキング、翻訳、コピー、配信、担保化、譲渡、転送、派生著作物の作成、バグの悪用、妨害、クラッキングをしてはならないものとします。

他製品や他サービス用に本ソフトウェアの基幹ユーザー・エクスペリエンスあるいは機能を複製、または交換を試みるアプリケーションに対し、SDK ならびに API を使用してはならないものとします。

SDK あるいは API の使用をリクエストする際に、本人確認情報、サービス認証情報、ソフトウェア・アプリケーション証明情報の隠蔽、隠匿、秘匿をしてはならないものとします。

本ソフトウェアの再販承認を受けていない場合、本ソフトウェアに関連し Keeper Security 社から配信されたニュースレターだけではなく、本ソフトウェア本体、その構成要素、本ソフトウェアに関連して提供された書類、コンテンツのディスプレイ、コピー、模写、ライセンス供与、配信してはならないものとします。

Keeper Security 社が独自の裁量で違法、ポルノ、不正、不快、他者の知的財産権あるいは法的権利を侵害しているコンテンツだと判断した場合、コンテンツを削除しユーザーがコンテンツへアクセスすることをブロックできるものとします。

ソフトウェアとサポート

供与される「本ソフトウェア」には「本同意事項」が適用され、Keeper Security Inc. は「本同意事項」を修正できるものとします。状況に応じ、Keeper Security Inc. はガイドライン、ルール、経営方針を設置ならびに公表するものとします(「本同意事項」に対し Keeper Security Inc. プライバシーポリシー は適用外とします)。

著作権、特許権および商標情報

Keeper ソフトウェアならびに含まれる情報は Keeper Security 社が所有権を留保し、合衆国著作権法、商標法、国際条約、その他知的財産法により不正コピーならびに流布から保護されるものとします。一例として、"Keeper"、"Password Keeper"、"Keeper DNA"、Keeper ロゴは、合衆国ならびに/あるいは諸外国の適用法による Keeper Security 社の登録商標であり、適用範囲はこれに限定しないものとします。Apple、Apple ロゴ、Mac は Apple Inc. の登録商標であり、合衆国ならびに諸外国においてに商標として登録されています。App Store は Apple Inc. の商標です。Google Play は Google Inc. の登録商標です。Amazon ウェブサービス、"Powered by Amazon Web Services" ロゴは Amazon.com, Inc. または合衆国ならびに/あるいは諸外国支社の登録商標です。本ソフトウェアに表示されるその他ソフトウェア、サービス名、ロゴは、Keeper Security 社の商標あるいは登録商標であり、それら所有権は Keeper Security 社が留保するものとします。本リストに挙げられていないソフトウェア、サービス名、ロゴに対し、Keeper Security 社の登録商標あるいは名称やロゴに関するその他知的所有権としての権利を留保するものとします。Keeper 商標設定ガイドラインならびに Keeper 用ロゴや色彩に関する利用規約は、こちら に表示されています。

Keeper はアメリカ合衆国著作権保護番号「8,656,504」,「9,294,476」,「9,465,786」,「8,868,932」,「8,738,934」で保護されています。追加著作権出願中。

ソフトウェアとサポート

Keeper Security 社は、責任を伴わず独自の裁量により、SDK あるいは API のサポートあるいは修正をユーザーに提供するものとします。Keeper Security 社は、SDK あるいは API の可用性あるいは継続性を含み、随時サポートを修正、終了、廃止できるものとします。

手数料ならびに支払い

Keeper Security 社は SDK ならびに API に対し豊富な資金を調達し続けています。登録済み Keeper ユーザーは、SDK ならびに API を無料かつオープンソースとしてご利用可能です。しかしながら、SDK あるいは API の利用数が膨大となる場合、あるいはユーザーアカウント用の商用アプリケーションに特別な仕様が必要となる場合、Keeper Security 社はかかる目的遂行に対し料金請求権を留保するものとします。

アクセスを無効にする権利

Keeper Security 社はユーザーが利用規約に違反していると判断した場合、返金あるいは償還することなく、独自の裁量により本ソフトウェアへのアクセスを即座に停止することができるものとします。

法律の遵守ならびに監視

ユーザーは本同意事項を遵守し本ソフトウェアを使用するものとします。合衆国ならびに居住地の地域法、州法、連邦法に違反する手段や方法を用いて本ソフトウェアを使用しないことに同意したものとします。

補償

本契約事項によりユーザーは、(i)利用規約違反、(ii)本ソフトウェアを使用してユーザーが流布したメッセージの内容あるいは趣旨、(iii)本ソフトウェアの使用により発生した問題、これらを起因として起こされた請求あるいは法的措置で生じる損害、損失、負債、裁定、費用(諸経費ならびに合理的な弁護士費用だけに限定されることなく生じる費用を含む)に対し、Keeper Security 社、業務提携先、サードパーティーのサプライヤー、プロバイダ、ライセンサー、役員、取締役、従業員、販売業者、代理店を擁護、補償、免責することに同意するものとします。加えて、違法な目的のために本ソフトウェアを使用した場合、違法な手段で使用した場合、本利用規約の条項に矛盾する方法で使用した場合、直接的、間接的、専門的、二次的、補填的、信頼的、間接的損害に限定されることなく、Keeper Security 社は損害賠償を求める権利を有することを認め、これに同意するものとします。

ユーザーコンテンツの知的財産権

本ソフトウェアを使用して当事者の権利を侵害、悪用、妨害するおそれのある連絡先リスト、コミュニケーション、コンテンツをアップロードあるいは発信しないことに同意するものとします。思想、概念、発明、コンテンツを当ウェブサイトに送信した場合、あるいは本ソフトウェアと接続してこれらを使用した場合、送信された内容は守秘義務の対象から外れることに同意したものとします。該当する状況でユーザーがそれらを送信する場合、当事者の権利を侵害、妨害するおそれのあるコミュニケーションあるいはコンテンツを、Keeper Security 社あるいは本ソフトウェアを使用しているサードパーティーへ送信あるいは発信しないことに同意するものとします。業務関連情報、思想、概念、発明、コンテンツを Keeper Security 社へメールで送信する場合、送信された内容は守秘義務の対象から外れることに同意するものとします。Keeper Security 社へ送信する場合、あるいは業務関連情報、思想、概念、発明を Keeper Security 社へメールで送信する場合、Keeper Security 社に対しそれらコンテンツの所有権あるいは知的財産権が非独占的、著作権使用料免除、無期限、解約不能、世界的使用ライセンス、派生著作物作成、修正、公表、編集、翻訳、配信、実行、あらゆる形態でディスプレイ可能な条件において明示的に供与されることを認め保証するものとします。それ故に、SDK あるいは API を使用したプラグインまたは機能強化などのソースコードが Keeper の Github レポジトリに送信された場合、他 Keeper ユーザーの利益のため、Keeper Security 社がそれらを使用ならびに/あるいは公表することがあります。

セキュリティ通知 & 開示ポリシー

Keeper Security takes extensive measures to protect and safeguard its internal infrastructure, Software, intellectual property, stakeholders and its customers. In using the Software, you may provide information about yourself or your employer (such as name, contact information, or other registration information) to Keeper Security. Keeper Security may use this information and any technical information about your use of the Software to tailor its presentations to you, facilitate your movement through the Software or communicate separately with you. If you purchased the Software as a result of solicitation by a channel partner of Keeper Security, Keeper Security may share your information with the channel partner and the channel partner may share related information with Keeper Security. Keeper Security will not provide your contact information to companies you have not authorized for that purpose unless required by law.

Please read our Privacy Policy. If you are a security researcher or security expert, please be advised that any notifications made to Keeper Security by you, involving a purported security vulnerability of our Software and/or infrastructure will be investigated and acted upon swiftly for timely remediation. Keeper welcomes collaboration with security researchers on potential opportunities of responsible disclosure. Please contact us at security@keepersecurity.com.

Keeper welcomes input and feedback about its Software and systems from security researchers. The unauthorized access to Keeper Security's systems, Software and/or a user’s device which runs Keeper is against the law. Furthermore, the threat of maliciously disclosing or actual malicious disclosure of any purported weakness, security flaw or degradation of our Software or systems (which are proprietary and property of Keeper Security) will be treated as a breach and unauthorized access to Keeper systems.

団体あるいは個人が弊社ソフトウェア、インフラ、ユーザーのデバイス(弊社戦略的 OEM 業務提携者が作成あるいは活用するオペレーティングシステムへの違反あるいは脆弱性攻撃を含む)に対しリバース・エンジニアリング、不正入力、侵入、違反を行ったと弊社が判断した場合、法的措置ならびに/あるいは当該地域、州、連邦法執行機関に対し情報を開示し、速やかに対策を講じるものとします。

保証免責ならびに改善措置

自己責任のもと Keeper を使用することに同意したものとします。Keeper Security 社は Keeper の停止や誤動作が起こらないこと、あるいは使用中に生じた結果に対して保証しないものとします。本ソフトウェアは "保障無し" で提供され、明示あるいは黙示を問わず、これに限定されることなく、商品性の黙示保証、特定目的への適合性、非侵害に対し、Keeper Security 社は一切保証しないものとします。

本ソフトウェアの故障あるいは契約不履行に対し、Keeper Security 社はユーザーに対し唯一かつ排他的な救済として、商慣習上合理的な努力を尽くし、本ソフトウェアの調整あるいは修理を行うものとします。購入済みサブスクリプションプランを利用する全顧客のために、Keeper Security 社は定期的に本ソフトウェアを修正、強化、アップグレードするものとします。

賠償責任の制限

関係法令に抵触しない範囲において、いかなる状況においても、いかなる法的理論、不法行為、契約等においても、KEEPER SECURITY 社あるいはその基幹となるサービスプロバイダ、事業提携先、情報提供者、アカウントプロバイダ、ライセンサー、役員、取締役、従業員、販売業者、代理人はユーザーあるいは個人に対して金銭的損害、直接的、間接的、専門的、直接的、間接的、二次的、補填的、信頼的、間接的損害に法的責任を負わないものとし、KEEPER SECURITY 社が同等の損害発生を既知であった場合でも、他の当事者からの請求であった場合でも適用されないものとします。

前項規定に関わらず、かかる事案が発生し、事由の如何を問わず KEEPER SECURITY 社がユーザーの損害に対し法的責任を負うことが明らかになった場合、法的措置[契約、不法行為(過失を含む)、本ソフトウェアの補償責任等]の形式を問わず、本同意事項に関連し KEEPER SECURITY 社が定めるユーザーへの賠償責任範囲は、賠償責任発生前 3 ヶ月以内に本ソフトウェア購入に支払った額、3 ヶ月前以内に KEEPER SECURITY 社が既に支払った損害賠償額以下に限定されるものとします。偶発的あるいは間接的損害の除外あるいは制限が法的に認められていない地域もあるため、本制限ならびに除外がユーザーに適用されない場合があります。

制限対象者、ソフトウェアの輸出、技術データ

ユーザーは自身が "制限対象者" ではないことをここに保証するものとします。「本同意事項」の目的において、以下の場合 "制限対象者" とみなされます: ユーザー、役員、取締役、ユーザーが使用している本ソフトウェアを代理する団体の支配株主が、(1)キューバ、イラン、スーダン、シリア、あるいは米国財務省が随時決定する米国民が取引を行うことが禁止されている国の国民、あるいはその国の法律下にある団体に所属している場合、(2)米国財務省がマネーロンダリングの最懸念先として特別指定した国あるいは団体である場合、(3)米国商務省が指定した拒否人物リスト、テロリストリスト、団体リストに記載されている場合、(4)米国政府のライセンスなしで米国民が関与してはならない核、ミサイル、化学あるいは生物兵器生産に従事している場合、(5)「制限対象者」に所有、支配されている者、あるいは「制限対象者」の代理人である場合。「本同意事項」の有効期間中に「制限対象者」となった場合、ユーザーは 24 時間以内に Keeper Security 社へ通知するものとし、Keeper Security 社はユーザーに対しさらなる責任を停止する権利を留保し、ユーザーに対する補償を即座に免除されます。ただし、ユーザーは Keeper Security 社に対し、債務残高の損害をもたらさない事とします。

ユーザーは本ソフトウェアを使用し「制限対象者」との取引を指揮あるいは教唆しないことに同意するものとします。ただし、米国政府より事前に書面で明確に授権された場合は例外とします。ユーザーはアメリカ合衆国からの持ち去りや輸出をしないものとし、本ソフトウェア本体あるいは当該ソフトウェアの一部を、技術データを含め、合衆国あるいはその他居住国の制限事項、法律、条例に違反して輸出または再輸出できないものとします。

サードパーティー・ウェブサイトへのリンク

ユーザーが本ソフトウェアを Keeper Security 社ではないサードパーティーのウェブサイトにリンク付けすることを許可するものとします。ユーザーの便宜を図る意味でこれらのリンク使用を許可しますが、リンク付けされたウェブサイト上のコンテンツに対し Keeper Security 社は責任を負わないものとします。本ウェブサイトからアクセスした Keeper Security 社以外のウェブサイトは Keeper Security 社とは別組織であり、Keeper Security 社は当該ウェブサイト上のコンテンツを管理するものではありません。さらに、Keeper Security 社以外のウェブサイトへのリンクに対し、Keeper Security 社はそのコンテンツあるいは当該ウェブサイトの使用に関する責任を承認または負うものではないこととします。

暗黙的な裏書なし

いかなる場合であっても、第三者、サードパーティー製ソフトウェア、サービスへの問い合わせを行うことで、Keeper Security 社が該当する第三者、サードパーティーによって提供されたソフトウェアあるいはサービスを承認または保証しないものとします。

プライバシーポリシー

Keeper Security 社プライバシーポリシーは以下のサイトに掲示されています: https://keepersecurity.com/ja_JP/privacypolicy.html。弊社ソフトウェアを使用すると、弊社プライバシーポリシーの規約、規定、条件に同意したものとみなされます。

完全合意

利用規約の規定が執行不能あるいは無効であることが判明した場合、当該規定を制限あるいは必要最低限まで削除するものとします。ただし、当該規定以外の本利用規約にある規定は効力を失うことなく、法的拘束力を維持するものとします。

権利放棄、可分性、修正条項 & 通知条項

Keeper Security 社とユーザーは、本利用規約が当事者双方で相互理解に達した完全かつ排他的宣誓であること、本利用規約が最優先事項であり以前交わされた文書ならびに口頭による同意、コミュニケーション、本利用規約の主題に関連するその他の理解を破棄するものであること、本利用規約に別途記載されていない場合、すべての権利放棄ならびに修正事項は当事者双方が文書に署名しなくてはならないことに同意するものとします。一方の当事者が本利用規約、現行法、衡平法のもと、権利あるいは賠償請求を行使する際に遅延あるいは不作為を行った場合、該当する権利や賠償請求を放棄したものとします。Keeper Security 社は随時利用規約を改訂する権利を留保するものとし、最新アップデート情報を弊社ウェブサイトに公開するものとします。ユーザーが本ソフトウェアを継続使用する場合、ユーザーは修正ならびに改訂された利用規約に拘束されるものとします。Keeper Security 社はユーザーにメール連絡する権利を留保し、デバイスレベルあるいは Keeper ソフトウェア・アプリケーション内で物的証拠あるいはユーザーアカウントに関する重要な変更をユーザーに通知するものとします。

代理関係

ユーザーが Keeper を使用することで代理店、業務提携、共同事業、雇用契約が作成されることはないものとします。ユーザーは Keeper Security 社を制約するいかなる権限も持たないものとします。

準拠法、訴訟原因発生地 & 裁判管轄

本同意事項はアメリカ合衆国イリノイ州法に準拠するものとします。本同意事項に関して法的措置を講ずる際の裁判管轄は、イリノイ州クック郡シカゴの州立裁判所あるいは連邦裁判所にあるものとします。

追加情報

Keeper ソフトウェアの使用あるいは本利用規約にご質問のある方は、サポート窓口: support@keepersecurity.com へメールでご連絡いただくか、以下の住所まで郵便でご連絡ください: CRM Management, Keeper Security, Inc.(宛先人)、850 W. Jackson Blvd, Suite 500, Chicago, IL 60607, USA(宛先住所)