close

マルチユーザー向けパスワードマネージャーと安全なボルト

Keeper でユーザーのパスワードと個人情報をサイバー犯罪者から保護しましょう。

データ漏洩とサイバー攻撃からユーザーを保護
Keeper® パスワードマネージャーならば、簡単に膨大な数のビジネスユーザーを設定できます

Keeper® はビジネスの規模を問わないマルチユーザー用パスワードマネージャーです
情報セキュリティ管理者はセキュリティと作業軽減のため弊社のパスワードマネージャーを採用しています

パスワードマネージャーがなければ、ビジネスはサイバー攻撃のリスクに直面
パスワード関連のデータ漏洩やサイバー脅威を未然に阻止するうえで、Keeper が市場を牽引するプラットフォームである理由をご確認ください

無料体験を始める デモをリクエスト

シンプルなマルチユーザー用パスワードマネージャー

パスワード管理プラットフォームでは、マルチユーザーの記録を管理する際に複雑な作業を行わなければならない場合があります。情報セキュリティ管理者のために使いやすい簡潔なインターフェースを採用すべきだと弊社は考えています。

  • シームレスなオンボーディング管理者コンソールで簡単に複数のユーザーをオンボードできます。手動でユーザーを追加したり、まとめてインポートを実行したり、軽快なプロビジョニングが可能です。Keeper で自動化オンボーディングをカスタマイズすることで、ユーザーに最適な方法が実現できます。アプリがサポートしているプロビジョニングメソッドをご確認ください
  • ビジネスに最適なストラクチャパスワードマネージャーを使い始める際は、対応するユーザー数を考慮し、各従業員がどのようにプラットフォームを使用するのかを見極めてください。Keeper のビジネス向けパスワードマネージャーは柔軟な対応機能を内蔵していますので、ユーザーのビジネスニーズに最適の階層を構築可能です。Keeper は企業の成長とそれに伴うニーズの変化に対応可能ですので、常に従業員を保護することができます。

マルチユーザーを念頭に Keeper の機能をデザイン

Keeper を使用すれば、各従業員へ安全に暗号化されたボルトを提供することができます。パスワード管理に加え、チームメンバーは各自でファイル、画像、ビデオなどを安全なフォルダへ保管可能です。

チームアクセスを確立しておけば、Keeper ボルト内で個人グループがフォルダを共有できます。最適なセキュリティを実現するために、チームメンバー、制限事項、透明性をセットしてください。さらに、Keeper はチームレベルの制限事項をセット可能です。

  • パスワードの透明性
  • チームフォルダ内における情報再共有の制限
  • チームメンバー内の個人に対し、特定フォルダを非表示

従業員は柔軟に対応 – 管理者はより簡単に管理

最適なマルチユーザー向けパスワードマネージャーの採用を決定する際は、業務を進めるうえで不可欠なファイル、アプリ、共有プロジェクトへ可能な限り簡単に従業員がアクセスでき、職場のサイバーセキュリティを確実なものとするために、必要な機能すべてを内蔵しているアプリにしましょう。

今すぐ Keeper デモの予定作成を依頼するか無料トライアルをお試しになり、ご自身で Keeper をご確認ください。貴社におけるマルチユーザー向けパスワードマネージャーとして、Keeper が最適の選択となることを確信しています。

無料体験を始める デモをリクエスト